定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

A3B58AEA-52A4-480C-BED5-D183FD1852E6
取材日:2018年07月19日

第17回 広島市中区幟町にある、定食&喫茶「JamuR」(ジャム―ル)の中岡さんです。小林・近藤が取材に行ってきました!

ー「JamuR」(ジャム―ル)のお店について

ちょっとレトロな雰囲気が心地良い、素敵な定食&喫茶店です。日替わりの手作りランチが評判で、毎日通われるお客様が沢山いらっしゃるそうです(*^^)

 

ーお店の名前の由来を教えてください

「JamuR」(ジャム―ル)は、インドネシア語で「きのこ」という意味があります。しめじなどのきのこは1本では生えず、親子で寄り添うように生えます。このお店は親子で始めたので、きのこのように親子で成長できたら、という思いで名前を付けました。

 

定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

ーどのようなきっかけで、お店を始めようと思われたのですか?

周囲の人に勧められたのがきっかけです。何年もの間、色々な人に勧められていましたが、自分には無理だと思っていました。しかし、家族や周囲の人に相談したところ、「あなたなら絶対できる!」と言われ、始めることになりました。

定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

ーお店のこだわりを教えてください

料理に関しては、ホッとする家庭の味を心がけています。はじめはメニューの数も少なかったのですが、いまでは毎日通っていただいても同じメニューにならないようにしています。

お店の内装にもこだわっていて、特にお子さま連れのお母さんの為に、赤ちゃんが寝ることのできるソファー席は絶対に譲れませんでした。ソファー席だけでなく、カウンター、テーブル……と理想のお店を実現するために物件探しから時間をかけました。

定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

ーおすすめのメニューは何ですか?

日替わり定食は魚と肉の2種類を用意しています。お客様から特に人気があるのは、かき揚げ丼、スコッチエッグ、豚のねぎ塩丼です。

定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

ーお仕事での目標、夢を教えてください

1つは、自分自身が元気で過ごす事です。もう1つはお客様に「また来たい!」と思ってもらえるようなお店作りを目指しています。

定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

ー息子さまについて

じつは、中岡さんの息子さま、中岡将司さんは、広島を拠点に活動されている芸人さんなんです(*’▽’)

サンモールのすぐ隣の広島お笑い劇場で、ほぼ毎日お笑いライブをされています!

以下、中岡将司さんからのお知らせです(*^^*)

定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

「広島お笑い劇場」

・オーナー兼 出演者兼 受付兼 広報兼 お客さん呼び込み兼 営業兼 劇場清掃員

ピン芸人 中岡将司

・中四国で唯一、ほぼ毎日お笑いライブをやっています。

・火~日曜日(月曜:定休日、祝日は営業)

 1日3公演(15時、17時、19時、各公演約45分)

・9坪の小さな秘密基地のような劇場「広島お笑い劇場」

・広島を東京や大阪に負けないくらいの「お笑いの街」にしたいと思っております。かといって、東京・大阪の真似事ではなく、「広島オリジナルのお笑いを構築していけたら、と思っています。

定食&喫茶 JamuR(ジャム―ル)中岡さん

お店の名前 JamuR (ジャムール)
営業時間 営業時間
11:30〜
(なくなり次第終了)

定休日 日曜、祝日
住所 〒730-0016 広島市中区幟町10-14
TEL 082-227-1018