韓屋 Ondol ペ・クンスさん

42962
取材日:2018年01月24日

第15回 広島市中区鉄砲町にある韓国料理店、「韓屋Ondol」のオーナー裵 槿洙(ペ クンス)さんです。松本、小林が取材に行ってきました!

―「Ondol」のお店について
2017年11月20日、鉄砲町にオープン。落ち着いた雰囲気の店内でこだわりの韓国料理を楽しむことができます。

P028751100_480

―お店の名前の由来は?
「Ondol(オンドル・温突)」とは、韓国の床暖房です。温水や熱した石、蒸気や練炭で床を温める仕組みです。温かい空間、リラックスした時間を提供したい、という思いで名付けました。

 

―なぜ韓国料理店にしようと思われたのですか?
以前から広島市内で勝負するには、韓国料理!と思っていました。韓国籍として日本に生まれ、日常的に韓国料理を食してきたことも理由にあります。広島で育ったこともあり、広島の調味料や素材を使っているのがこだわりの一つです。醤油や塩、野菜など広島の物を使っており、自分にしか作れない韓国料理を表現したいと思っています。

―料理人になったきっかけを教えて下さい
家業は同じ韓国料理店です。中学生から皿洗いなど家の手伝いを始めました。一時はサラリーマンもしましたが、小さい頃から家で料理をする親の背中を見て育ち、本当に美味しい料理を提供したい、という思いが料理人になったきっかけです。

韓屋 Ondol ペ・クンスさん

 

―お店、料理のこだわりは何ですか?
清潔であること、快適であることを基本として、雰囲気や空間を大事にしています。
料理に関しては、なるべくシンプルに、丁寧に、召し上がる方の事をイメージしながら作っています。小さいお子様やご高齢の方には辛さを控えめにするなどお客様に合わせて少しずつ工夫を行っています。

韓屋 Ondol ペ・クンスさん

 

―おすすめのメニューを教えて下さい
1番人気なのはチーズタッカルビ、2番目はチヂミ、ナムルです。ナムルは季節に合わせて野菜を変えています。料理にもトレンドがあるので、3ヶ月に1回はメニューの見直しを行っています。

韓屋 Ondol ペ・クンスさん

 

―どのようなことにやりがいを感じられますか?
お客様からご予約がたくさん入った時は嬉しいです。また、提供した料理のお皿がきれいに空いたときにもとてもやりがいを感じます。たくさん食べてもらえたら気持ち良いですね。

 

韓屋 Ondol ペ・クンスさん

 

―このお店での目標は?
3年以内に広島で1番の韓国料理店になりたいです。10年以内に5店舗を構えたいです。その為に期間を決めて目標を立て、毎日の積み上げを大事にしています。

―裵さんにとってOndolとは?
自分自身です。自分で考えて、したいことを何でもできるので、自分を表現できる最良の手段だと考えています。そのために、まずは1品1品丁寧に、質の高いものをつくることで、より満足度の高い店を目指しています。

韓屋 Ondol ペ・クンスさん

お店の名前 韓屋 Ondol
営業時間 月~土、祝前日: 11:30~14:30 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00)
17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
定休日:日、祝日
住所 広島県広島市中区鉄砲町9-5 和田ビル 2F
TEL 082-224-5455